1. 無料アクセス解析
ブログ内検索
カレンダー(月別)
07 ≪│2006/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Carpenter

ブログランキング
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
悪質リフォーム事件の被害者数、昨年同期の約3倍に
本日18日付けの新聞各紙に、「今年上半期に摘発された悪質リフォーム事件の被害者数が、昨年同期の約3倍に」という記事が載っていました。

それによると、被害者の数は昨年同期の約3倍に当たる2,4305人、被害額も27.2%、約32億円増の150億8466万円となっており、検挙件数は49件で前年同期に比べ30件増加、検挙者数は154人で113人増えたそうです。

また、東京都の平成17年度消費生活相談概要に目を通す機会がありました。
これは東京都の消費生活総合センターに寄せられた消費生活相談についてまとめたもので、それによると前年度に比べて相談件数そのものは減少しているものの、傾向として相談者(被害者)の高齢化が顕著になっているようです。
見逃せないのが、「判断不十分者契約と次々販売に関する相談」の中で、最も多く相談が寄せられた商品が住宅リフォームを含めた「工事・建築・加工」だったという点です。
神奈川県でも同様の結果が出ており、他の都道府県でも軒並み上位になっているようです。

昨今の悪徳リフォーム業者関連の報道の増加等で認知度が増して来てはいるようですが、その分組織ぐるみになったり、高齢者を狙ったりと手口は悪質化・巧妙化の一途を辿っているようです。


“悪質リフォーム事件の被害者数、昨年同期の約3倍に”の続きを読む>>
スポンサーサイト



リフォーム ミニコラム | 【2006-08-18(Fri) 11:09:45】 | Trackback:(0) | Comments:(2)