1. 無料アクセス解析
ブログ内検索
カレンダー(月別)
07 ≪│2007/08│≫ 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

Carpenter

ブログランキング
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
内藤新宿(新宿区)
我が事務所は、太宗寺すぐ近く!。太宗寺は、慶長年間初頭(1596年頃)に僧太宗の開いた草庵を前身とし、後に信州高遠藩主内藤家の菩提寺として発展した寺院です。



「内藤新宿のお閻魔さん」「しょうづかのばあさん」として親しまれた閻魔大王と奪衣婆の像は、江戸庶民の信仰をあつめ、薮入りには縁日が出て賑わいました。

taisouji2.jpeg


新宿は、甲州道中の日本橋から最初の宿場。江戸城造営のために整備された青梅街道は当地で甲州街道から分岐する。
宿の開発は元禄10年(1697)浅草安倍川町(現台東区)の名主喜兵衛をはじめとする5人の町人が、運上金として金5600両を支払うことで宿の開設を願い出たことから始まった。

宿場の長さは東西9町10間余、西から東へ順に上町、仲町、下町に分かれていた。天保14年(1843)の改めでは宿人数は2377人、うち男1172人、女1205人、家数は698を超えた。らしいが

現在の新宿は住民数30万1956人 。昼間の人口数79万8611人 。

タイムスリップして宿に居た人が今の新宿を眺めたら、どんな言葉が出るのか聞きたいものだ。



taisouji1.jpeg



スポンサーサイト



リフォナビ 更新情報 | 【2007-08-01(Wed) 18:35:41】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
銅像地蔵菩薩像(新宿)
我が事務所のすぐ隣に太宗時と言うお寺がある。

東京都指定有形文化財で銅像地蔵菩薩像という大きな地蔵が鎮座している。
江戸時代の前期に、江戸出入り口六ヶ所に設けられた「六地蔵」の
一つです。

DSCN0300mini.jpg



銅像で像高は267cm。「江戸六地蔵」の三番目に甲州街道沿いに設けられたものである。

幾千という月日を眺めてきた地蔵様は、都会の高層建物の中に
置いても静かに世の中を見つめているようだ。

DSCN0301mini.jpg



リフォナビ 更新情報 | 【2007-08-01(Wed) 18:04:01】 | Trackback:(0) | Comments:(0)