1. 無料アクセス解析
ブログ内検索
カレンダー(月別)
07 ≪│2007/08│≫ 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

Carpenter

ブログランキング
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
白熱電球より電球型蛍光灯! 電気代節約、CO2削減にも
家庭で消費される電力量を製品別の割合でみると、
照明器具は冷蔵庫と同じ16・1%。エアコン(25・2%)に次いで多く、
テレビ(9・9%)を上回る。

全国の約4700万世帯で白熱電球6個を電球型蛍光灯に交換し、
通常の丸形蛍光灯4個も省エネタイプに取り換えたと仮定した場合、
1年間で約123億キロワット時の電力削減につながるという。

 これを電気代に換算すると約2700億円の節約になり、
約3億3000万本のスギの木が1年間に吸収するのと
同等の460万トンのCO2削減効果がある。

ただ、抜群の省エネ効果があるにもかかわらず、
電球型蛍光灯の普及がまだ進んでいない一因は、値段が高いことだ。

 1個100円程度の白熱電球に対し、電球型蛍光灯は1000円前後。
家庭でまとめ買いする場合は支払う金額の差がさらに大きくなる。
企業などでも、この点が普及の壁になっている。
 

但し、10倍の長寿命は白熱電球10個分の価値があり、電気代が5分の1程度のため、家計にはむしろメリットがあるという。また、高齢者世帯にとっては天井などの電球を取り換える負担も小さくなる。



スポンサーサイト



リフォナビ 更新情報 | 【2007-08-03(Fri) 09:40:01】 | Trackback:(7) | Comments:(0)