1. 無料アクセス解析
ブログ内検索
カレンダー(月別)
12 ≪│2020/01│≫ 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

Carpenter

ブログランキング
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
備えあれば憂いなし
溶けそうな日差しが肌を突き刺す今日この頃、いかがお過ごしですか?
私は日射病対策として、毎日ペットボトル片手に通勤しております。駅構内で倒れている方を見かけてからは、さらに対策を強化なくては・・・と思いました。

さて、今日は地震のお話です。
日本は地震が多いですね。
なぜこんなにも地震が多いのかというと、太平洋・北米・ユーラシア・フィリピン海の4つのプレートの境目にあるから、火山が多いからなど、いろいろな理由があるようです。


兵庫南部地震、新潟県中越地震などは被害が大きくて記憶に残っている人も多いかと思います。
被災地では、プライベートの確保は難しいようで、車で寝泊まりしてエコノミー症候群になったり、トイレを我慢し健康被害を起こしてしまう方もいらっしゃったそうです。

これらの大型地震の教訓をいかし、さまざまな災害用品が開発されています。
段ボール製の避難用仮設住宅(岐阜県・佐合木材)は、特別な機械を使うことなく木工用ボンドとガムテープで接着、すべて手作業で組み立てることができるというもの。
簡易トイレは、段ボール製、テント付き、マンホールの直下に設置するものなど、さまざまなタイプがあります。
プレハブ住宅を建てるにしても、時間もお金も人手もかかるのだから、こういった製品は本当にありがたいですね。
災害に備え、国や地方自治体が用意しておいてくれることを節に願います。

もちろん、自分たちでも災害対策として出来ることは沢山あります。
日頃から防災マニュアルや防災グッズのチェック、災害時の連絡の取り方などを家族同士で話し合っておくことも大切です。
何事も「備えあれば憂いなし」の精神ですね。(ひつじ)
スポンサーサイト



STAFF雑談 | 【2006-08-07(Mon) 13:16:19】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する