1. 無料アクセス解析
ブログ内検索
カレンダー(月別)
12 ≪│2020/01│≫ 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

Carpenter

ブログランキング
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
日本橋の再生
おはようございます。
からっとした晴天が広がる今日この頃、いかがお過ごしですか?
洗濯物がよーく乾きそうで嬉しい反面、ちょっとした外出でもUVケアに手が抜けませんね。ちょっと面倒です。

夏のセールが終わり、すでに秋物がショーウィンドウや店頭をにぎわしています。
お買い物スポットとして人気の日本橋は、ご存じの通り、橋の名前が街の名称になったものです。



400年の歴史があり、国の重要文化財にもなっている日本橋。
橋の上を首都高速道路が走っており、ここからは青空をのぞむことができません。
1964年の東京オリンピック開催時、用地取得の必要のない川の上が、高速道路の用地にされてしまいました。当時は景観うんぬんよりも、オリンピック成功のための事業を優先しました。高度成長期の日本だから仕方ないというか・・・。

ここ最近、東海道五十三次にも描かれた日本橋の景観を、取り戻す動きが活発化しているようです。
日本橋川の上に架かる首都高速道路の移設を検討する「日本橋側に空を取り戻す会(日本橋みち会議)」が、首都高速道路の地下化案をうちだし、小泉純一郎首相に報告するとのことです。しかし、移設に莫大な税金が使われることを考えると大賛成です!とはなかなか言い切れません。「ただ景観のためだけに、財政投資する必要はあるのか」という石原都知事の意見はごもっともだと思います。

新しいものはキレイだし、便利です。ただ、古いもの・・・伝統や文化を無くすことが、正しいとも思えません。失ってしまったものを、再び創り出すのは非常に大変なことです。施政者は、何かことを起こす前によーーーく考えてから行動していただきたいものです。(ひつじ)
スポンサーサイト



リフォーム ミニコラム | 【2006-08-10(Thu) 10:03:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する