1. 無料アクセス解析
ブログ内検索
カレンダー(月別)
12 ≪│2020/01│≫ 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

Carpenter

ブログランキング
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
「スクール&ホームセキュリティ2006」行って来ました
東京ビッグサイトで現在開催中の、「スクール&ホームセキュリティ」展へ行ってまいりました。

スクール&ホームセキュリティ 2006公式サイト
それではさっそくレポートを。


他の展示会と合同だったからか、あるいは直前に「危機管理産業展2006」が開催されたからなのか理由はわかりませんが、同展の出展はあまり多くなく、こじんまりとした印象でした。

まず紹介するのはセントラル警備保障のホームセキュリティ「ファミリーガード」(防犯タイプ)。
20061115ビッグサイトその1

このシステムの最大の特徴は上の写真の、持ち運びできるリモコンタイプの操作機。
基本的な問題として、「オフィスセキュリティ」と「ホームセキュリティ」んお違いは何か?という事を考えると、オフィスセキュリティの場合は無人の時間帯を守るのが大半であるのに対し、ホームセキュリティは就寝時間など、有人の時間帯を守る・・・という事が挙げられます。
この操作機があれば寝室で操作できるし、家人が帰ってきて玄関の警備を一時的に解除したりするのに、いちいちベッドを出なくてもいいというわけです。
また、非常ボタンや警備会社との通話機能もついています。
その他、ワンボタンで通報が可能な操作機の「緊急タイプ」などもあります。

CSP セントラル警備保障

「危機管理産業展2006」にも多く出展されていた、多人数向け危機管理ソリューションは今回も多く出展されていました。
その一つが株式会社NAJの「見まもメール」です。
20061115ビッグサイトその2

学校や塾などに通う子どもたちが、情報が記載されたICカード(JRの「SUICA」や、最近の銀行キャッシュカードに使われていますね)」を登下校時・入退室時に上の写真の右側にあるパネルにタッチさせると、管理用パソコンに記録されると同時に、保護者の携帯メールやPCメールなどに連絡が行く、というシステムです。
また、このメール一斉送信システムを利用して、台風による休校など、緊急を要する情報を通知する事も出来ます。
さらにタグを使って登下校情報、位置確認なども出来る「見まもメールActive」というシステムもあるようです。

株式会社NAJ

ICを内臓したカードやタグを使ったセキュリティシステムは複数の企業が出展しており、また無線機とトランシーバーを使ったり、LAN設備とIPテレフォンなど、様々な技術が開発されているようです。

続いては子供向けの位置検索と緊急通報機能を内蔵した防犯システム、加藤電機株式会社の「イルカーナ」です。
20061115ビッグサイトその3

写真だとちょっとわかりづらいかもしれませんが、右側手前にある青い小さなケース入りの物体が「イルカーナ」端末です。
万が一悪い大人に子どもがさらわれたとき、携帯端末だと取り上げられてしまうため、ケースの中は、一見して何だか分からない小さな黒いボックス状になっています。
これの端から伸びているヒモをひくと、緊急信号を発信、同時にあらかじめ登録された連絡先3箇所に通報が入るしくみになっています。
また、通常時からPHSのアンテナを利用して24時間位置検索が出来るようになっています。オリジナルのシステムで複数のPHS基地局から、従来より詳細な位置特定ができるとのこと。
契約は購入とレンタルの形式が選択できるようです。

イルカーナ(加藤電機株式会社)

実はこの展示会は、複数の展示会と同時開催だったので、他の展示会にも足を伸ばしてみました。
目に付いた、セキュリティ関連の商品をいくつか紹介してみます。
ライオン事務機の「不透明PPカラーホルダー」
20061115ビッグサイトその4

色付きの書類ホルダーなんですが、なんといいますか「クリアホルダのクリアじゃない版」とでもいいますか(笑)。これもセキュリティ対応なわけです。
ライオン事務器のブースは、それ以外にも鍵つきレターケースやノートパソコン・液晶ディスプレイ用の持ち出し禁止シリンダー錠などを出品していました。

株式会社ライオン事務器

ダイケンの「キー保管ボックス」。
20061115ビッグサイトその5

それ自体が南京錠のような形をしていますが、この内部に鍵などを保管できるボックスになっています。そのボックスの蓋部分が4ケタのダイヤル式ナンバーロックになっているのですが、同時にこのケース自体を持ち去られないように、「つる」の部分も違うナンバーでロックできるようになっています。
例えば、リフォーム作業の際、施主さんが家を空けてて、工務店の方が家の鍵を預かって作業する事があると思いますが、これを使えば鍵の受け渡しがかなりスムーズに行くのではないかと思われます。
この他には強力な南京錠やオフィス用メールボックスなどを出品していました。

株式会社ダイケン

一般住宅にも火災報知器の設置が義務つけられた事は、先の危機管理産業展のエントリでも触れました。この展示会でもいくつか出品されていた火災報知器の中で、一番の個性派がこちら、株式会社 生方製作所の感震ライト付火災警報器「ピオマ」です。
20061115ビッグサイトその7

説明:20061115ビッグサイトその6

火災・煙の報知機能に加えて震度5相当の地震に反応して、地震で停電になっても室内の状態がわかる程度に光るランプが点灯する機能もさることながら、特筆すべきはそのデザイン。
従来の火災報知器は各社機能の違いこそあれ見た目の違いはほとんどなかったのですが、こちらは室内のインテリアとしても遜色ない、ポップでスタイリッシュなデザイン。義務つけられていなくても、思わず我が家につけたくなる?かもしれません。
こういう「機能プラスα」というのは、これから報知器の需要が増え、競争が激しくなる中では、案外重要な事かもしれません。
使う側としても、報知器が作動しない、無事な毎日を送るにこした事はないわけですから、機能がしっかりしているなら、見た目の楽しさも製品を選ぶポイントになりますよね。

生方製作所
安全ねっと.com 感震ライト付火災警報器「ピオマ」

次回は、この展示会で目にした、リフォームに関係ありそうな出展を紹介していこうかと思います。
スポンサーサイト



リフォーム ミニコラム | 【2006-11-16(Thu) 17:41:07】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する